カテゴリ:おでかけ( 88 )

1月28日

まずは1つ目の旅の目的地へ

早朝にホテルを出て まだ薄暗い商店街を若干迷いつつ抜けて バス停へ向かいます

e0296552_21581154.jpg

無事目的のバス停にたどり着き
事前に調べた時刻が合っているか確認しようとしたのですが

乗る系統の時刻表が どこを探しても見つかりません

そんなはずはない
ちゃんとバス会社のHPで確認したのだから間違いない

でも 見当たらないよ
どうしよう

一旦反対方向のバスに乗って 始発の那覇バスターミナルに行くのが確実だよね

う~ん
こっちも系統が多彩で どのバスに乗ればいいのか
そしてそのバスはいつ来るのか わからない…

やっぱり間違いなく停まると思うのよ
もう一度時刻表を見てみよう

と横断歩道を行ったり来たり

数ある系統の時刻表を 落ち着いて探したところ

ありました

e0296552_22374087.jpg

良かった
間違いなく停まりますよ
38番志喜屋線下り7時23分のバス

e0296552_22172802.jpg

初心者にはかなりハードルが高かった 那覇のバス事情でありました(←ホントか?)


さて 無事にバスに乗れた我々がどこへ向かうかというと
南城市にあります「斎場御嶽(せーふぁうたき)」

50分ほどバスに揺られ 斎場御嶽入り口で下車

e0296552_22454459.jpg

良いお天気で何よりです

まずは南城市地域物産館で入場券を購入

e0296552_22503463.jpg

ほう 自販機で買うのね

e0296552_22512151.jpg

そこからてくてく住宅地の細い道を歩きまして
受け付けに到着

e0296552_23102146.jpg

9時の開場まで少し待って入場

最初にビデオで 触れてはいけないものや立ち入ってはいけない場所などのレクチャーを受け いざ聖地へ足を踏み入れます

e0296552_23120095.jpg

急な石段を下りると 

e0296552_23140757.jpg

砲台の跡や

e0296552_23152590.jpg

禊の場がありました

e0296552_23155316.jpg

また順路に従って進みます

e0296552_23181090.jpg

祈りの場「大庫理(うふぐーい)」

e0296552_23185824.jpg

その奥がちょっと気になったブッシュ

e0296552_23253956.jpg

「寄満(ゆいんち)」

e0296552_07441553.jpg

ここは「豊穣の満ち満ちた所」という解釈のようなので みぶちょ 殊勝に祈りを捧げました

そして三庫理(さんぐーい)

e0296552_23280183.jpg


左側から 「神の島」久高島が拝めます

e0296552_23295168.jpg

次回は是非行ってみたい島です

三角形の空間の撮影は ちょっと待ったら人が途切れて 綺麗に撮れました

そこにいた数人が撮影を終えて「えっと…そろそろ行ってもいいと思うんだけど 誰が先に通る?」みたいな空気になっていたところへ ウキウキウォーキングで壮年カップルが到着

「え!通っちゃいけないの?」と戸惑っていたので ならばみぶちょが先陣を切りましょうと歩き出したら
「あぁ 写真撮りたかったのに通られちゃった…」的なため息

あら ごめんあっさっせ!

「シキヨダユルアマガヌビーとアマダユルアシカヌビーの壺」

e0296552_23315825.jpg

下に置かれた壺は 鍾乳石から滴る聖水を受けるもの
もちろん 触ることはできません

ゆっくりまわっても案内の通り1時間で終了

途中すれ違った団体さんが みぶちょの生まれた地方の言葉で声高らかにお話をされていて

飛行機とバスに乗って はるばる琉球王国最高の聖地へ来たというのに 終わり間際で一気に北関東へ引き戻された感が否めませんでした…

帰りの道路で立派な猫ちゃんに遭遇

e0296552_08101637.jpg

ご当地自販機

e0296552_08170747.jpg

また地域物産館に戻り 帰りのバスの時間までお土産品を見たりして過ごしました

南城市のキャラクター「なんじぃ」

e0296552_08194307.jpg

お髭がハートなのは南城市の形がハートに似ているからだそう

みぶちょがぶらぶらしている間に 夫はひとりパイナップルジュースを飲んで 南国を満喫していたもよう

この後はホテルに戻り いよいよメインイベント 金城先生と待ち合わせです

続く


by mibuchoandyoshiko | 2019-03-12 08:20 | おでかけ | Comments(2)
ドタバタの初詣記が終わったので 次なる旅日記は琉球編


1月27日から29日まで 夫婦で沖縄県へ行ってきました

目的は こちらの本を出版された金城先生にお会いして 本にゆかりのある場所を巡ること

e0296552_18251947.jpg

1月27日 午前中に飯田橋で勉強会に出ていた夫と日本橋駅で待ち合わせして 羽田空港へ

e0296552_10073721.jpg


搭乗口で待っている最中 あの飛行機格好いいなぁと眺めていたのですが

e0296552_10091104.jpg

なんと みぶちょの便もスターアライアンス機材
でした(ボーイング777―200(772))

乗ってしまえば見えないんですけどね(笑)

e0296552_09365954.jpg


400席以上の飛行機に乗るのは初めてで ちょっとドキドキのみぶちょ

入念に下調べをし 機体後部2列シートの富士山側を指定したので 晴れて何より

関東以外は大荒れ予報の日だったのです
(機体は座席の位置もあってかなり揺れましたが)


e0296552_10161183.jpg

お陰さまでバッチリ撮れました

山頂の雪がかなり少なくてビックリ
ホントに富士山だよね?と若干不安になりました(笑)

e0296552_10190432.jpg

那覇空港に着く頃には陽も沈んでゆき

e0296552_10200599.jpg

厚い雲の中へ突入

e0296552_09565626.jpg

しばらく真っ白の世界から

e0296552_01232071.jpg

はじめましての沖縄県

e0296552_10214627.jpg

20分遅れで出発したのですが 定刻通りに到着

e0296552_10232810.jpg

ゆいレールに乗り換えて

e0296552_14352959.jpg

ホテルがある美栄橋駅に向かいます

e0296552_14360925.jpg

ゆいレールはきっぷ右側のQRコードを自動改札にタッチして通るのです

外国旅行者向けに自動改札機の通り方の説明が掲げてあって 何故こんな大々的に?と思っていたのですが(何が書いてあるのかは良く見なかった) 実際通る時に きっぷの投入口がない!?と慌てたみぶちょ

きっぷの回収ボックスがありますが みぶちょはお土産にお持ち帰り

この失敗を忘れぬ為にも 肌身離さず身につけておくとしよう(嘘)

我々が乗ったのは 夢の国のラッピング車両

e0296552_14390408.jpg

う~む
せっかく沖縄に来たのに いきなり地元埼玉のお隣にいる感じ…

19時半前にホテルに着きまして

e0296552_01255901.jpg

荷物を置いたら またゆいレールに乗り
少し戻って旭橋駅へ

e0296552_01495142.jpg

こちらのお店で夕御飯

e0296552_01292087.jpg

オリオンビールで乾杯し

e0296552_01371175.jpg

諸々いただいて

e0296552_01372477.jpg

ソーキそばで締めました
(詳細は食いしん坊のブログをご覧ください)

e0296552_01383380.jpg

お腹も酔いも程よい感じで また駅に戻り

e0296552_01454663.jpg

誰もいないのを良いことに ふざけた写真を撮ったり

改札の中に両替機があって驚いたりして

e0296552_01480772.jpg

再び美栄橋駅に戻って 

夜の国際通りや

e0296552_09164598.jpg

商店街をちょこっと歩いて 

e0296552_09173739.jpg

ホテルに帰りました

e0296552_09181360.jpg

室内は居心地の良いインテリアで 大変寛げました

(ホテル詳細はこちらで)

e0296552_09191377.jpg

このホテルを選んだのは 国際通りからすぐで便利なこともあったのですが

お風呂とトイレが別れていて ゆっくり湯船に浸かれるから

e0296552_09232781.jpg

写真を撮り忘れましたが フロントでバスソルトも購入できます

e0296552_09271521.jpg

シャワーヘッドがかなり大きくて きんちゃんも苦戦すること間違いなし(笑)

留守を頼んだ妹から 猫たちは無事のメールも来たので ひと安心

明日のメインイベントに向けて 床に就きました


続く

by mibuchoandyoshiko | 2019-03-11 10:00 | おでかけ | Comments(2)
忘れかけていましたお正月の秩父での出来事

やっと最終章でございます

駐車場渋滞の道路を歩き、ようやく三峯神社入り口まで辿り着いた我々

e0296552_02154462.jpg
まずは本殿を目指します

入り口の案内板をふむふむと読むと

e0296552_02090028.jpg

なかなか営業上手ですな

赤い山門をくぐり

e0296552_02161918.jpg

少し歩いて11時過ぎに本殿に到着

e0296552_02192236.jpg

参拝して

本日のメインイベント

境内にある温泉「神の湯」に入りましょうね~と
ウキウキ進んで行きますと

なんと

「機械の故障により入浴できません」の張り紙が

あらら 困りました
これではかなり計画が狂ってしまいます

というのも お正月ダイヤで駅に戻るバスが14時30分までないのです

みぶちょの計画では ゆっくり温泉に入った後 ビールで喉を潤しつつ昼食を摂り バスの時間を待つ予定だったのです

しかし 入れないものは仕方がない

甘酒でも飲んで 一旦落ち着きましょうと 境内を進んでいくと

なんと

「甘酒は只今提供しておりません」の張り紙が

これには夫婦で「甘酒 お前もか?!」と叫んでしまいましたよ

酒粕は販売しているのに 甘酒はないという なんとも理不尽(?)な状況に 若干苛立ちを隠せない我々

そんな我々の甘酒怨念が飛んだのか 

「さあっ! 甘酒いかがですかー!」

と盛大に叫んでしまう出店のお兄さん

「え? 甘酒あるんですか?!」

即座に鬼の形相で反応した我々に恐れをなしたのか

「あ… すみません 甘酒はないです! ないです!!」

と必死に取り消すお兄さん 

あなたに罪はありません

我々の執念がさせた事なのですから


温泉に続き 甘酒にもフラれた我々

この時点で夫はテンションだだ下がり

とりあえずご飯を食べて落ち着きましょうと 食事処へ向かうことにしました

「年末の孤独のグルメのゴローさんが鰻難民になったように 俺も甘酒を飲めないのかもしれない…」

と弱気になる夫を

大丈夫 寒い時期の山に甘酒がないわけがないから!と励まし 山麓亭

無事甘酒をいただくことができました

e0296552_03094068.jpg

他には きのこのつけ汁蕎麦

e0296552_03170906.jpg

秩父のたまごかけご飯をいただきましたよ

e0296552_03180957.jpg




問題は この後どうするか

バスの時間までブラブラするには長すぎるので
歩いて山を下りることにしました

e0296552_03201985.jpg

ここから麓のバス停まで1時間半くらい

日本武尊様 さようなら

e0296552_03222485.jpg

さて 頑張って山を下りましょう
右膝さん どうか耐えておくれだよ

途中 何やら声が聞こえ始め それが掛け声だと気づいたら やはり寒稽古中

e0296552_03235146.jpg

滝の下で頑張っておられましたよ


石を抱いた杉を見て驚いたりしながら

e0296552_03275492.jpg

無事下山

e0296552_03313800.jpg

表参道入り口に到着しました

e0296552_03311102.jpg

かなりの急勾配が続きましたが
次回来る時は ここから登って 温泉で汗を流し 一杯やってからバスで帰る計画にいたしましょう

さて またまた問題はここからどうするか
駅に向かうバスはしばらく来ません

夫がタクシーを呼んでしまおうと言うので 電話をかけてみると

ちょうど今 同じ場所に迎えに出たところなので 戻ってまた行くと時間がかなりかかるとのこと

そういえば 山下りの途中で我々を追い越していった2人組がいましたね

と前方を見ると あ いました

きっとあの方たちがタクシーを呼んだに違いないちょっと図々しいけれど 便乗させてもらおうと交渉

一緒に乗せてもらえることになりました

その方は 14時過ぎに出るSLのきっぷを買ってあるのに このままでは間に合わない!と かなり焦っていらっしゃいましたが 

みぶちょがいるから大丈夫

何故なら みぶちょも乗るつもりだからです
(きっぷはまだ買ってないけど)

山を歩いて下りると決めた時から これはSLに乗れるということだと確信がありまして
(当初の予定ではバスの時間と合わず計画外)

その私が乗るのだから 間に合わないはずがないのです

そして きちんと発車10分前に駅に着きまして 望み通り 皆 秩父鉄道パレオエクスプレス初詣号に乗車できたのです パチパチ

さあ ここからは鉄子タイム

見事復帰いたしました彼の勇姿をご覧ください!
(秋から機関車の故障でSL列車は運休していたのです)

e0296552_03543795.jpg

もいっちょ プシュー

e0296552_03551408.jpg

おじいちゃん(←みぶちょの勝手なイメージ)
熊谷までどうぞよろしくお願いしますね

e0296552_03561848.jpg

席も確保でき

e0296552_03580533.jpg

汗をかいた夫は アイスクリームでクールダウン

e0296552_04064928.jpg

山下りの疲れを癒しつつ のんびり列車に揺られること2時間超

熊谷駅に到着しました

e0296552_04150370.jpg

皆さん何を待っているかというと
反対方向にお帰りになるおじいさんと 牽引車両との連結する瞬間

無事ドッキングいたしました

ちなみにユザワヤの袋は忘れ物と思われます

e0296552_04091712.jpg

熊谷からは 三峰口駅に停まっていた特急ちちぶ開運号が 後から追いかけてきたので乗り換え

e0296552_04203221.jpg

広くて快適です

e0296552_04142037.jpg

羽生から特急りょうもう号に乗れたら 鉄子としてはコンプリートだったのですが 残念ながら満席で乗車できず 急行で春日部に帰りました

当初の予定から大幅に変わった 埼玉横断初詣の列車旅でしたが 

終わってみれば大満足

今年は流れに任せなさいという暗示なのでしょうか

let it be でいくといたしましょう


これにて初詣の顛末はおしまい
長らくお付き合いいただき ありがとうございました


by mibuchoandyoshiko | 2019-02-19 07:00 | おでかけ | Comments(3)

ひとときの初夏

27日に出発して

e0296552_20492011.jpg

28日南部を巡り

e0296552_20520636.jpg

今日帰って来ました

e0296552_20524542.jpg

明日の朝 かなり冷え込むようです
無事布団から出られることを祈るのみ…


by mibuchoandyoshiko | 2019-01-29 21:10 | おでかけ | Comments(2)
初詣話の続き

車掌のミスリードで危うく電車に乗り遅れるところでしたが 無事に秩父鉄道羽生駅を出発し 終点の三峰口駅に向かいます

乗り換えなしの2時間5分
36駅あります

もう少し後なら1時間35分で着く急行があるのですが 今度は帰りが遅くなってしまうので 頑張って乗ることにしました

一番の心配は トイレ
長い道中 どうかお腹が痛くなりませんように!と車窓から天に祈るみぶちょ

25分くらいで 暑い町で有名な熊谷に到着

少しの停車時間があったので 反対ホームの電車をパチリ 

e0296552_06103122.jpg

おお!
これはリバイバルカラーだわ

キラキラのメタリック新車両より 味があって好みでございます

普段は「秩父路」という名の特急なのですが お正月は「開運号」のヘッドマークをつけて運行していたようです

粋だね

熊谷駅を出発し三峰口駅へ着く間
途中の駅で降りていく方は皆 真っ直ぐにホームにあるトイレへと入っていかれました

みぶちょもお腹の危機は訪れず 無事に三峰口駅に到着し まずはトイレに向かったのでありました

駅には 何だかめでたい感じのラッピング車両が 停まっていました
e0296552_06433580.jpg

この一見ドーベルマン風の動物は 三峯神社を創建した日本武尊の道案内をしたとされるオオカミです

e0296552_06344756.jpg

みぶちょはこの方が気に入りましたよ

e0296552_06423339.jpg

西武鉄道の車両もパチリ

e0296552_07001456.jpg


三峰口駅行きのバスの時間を確認に行くと お掃除していた職員さんが もう少し時間があるから
バス乗り場は日陰で寒いので 日向でお待ちください と親切に言ってくださいました

こちらが日向側

e0296552_07032560.jpg

右端に売店があって 温かいお蕎麦や 秩父名物みそポテトなどが食べられます

みぶちょ的には みそポテトがかなり気になったのですが 参拝後のお楽しみに取っておくことにいたしました

駅前にはかなりいいかんじになったコカ・コーラの立看板

e0296552_07073222.jpg

軽く半世紀は経っていそうです

バスを待つ間に 恒例の顔ハメに取りかかるみぶちょ

e0296552_07100597.jpg

こちらは なかなかうまくハマりませんでした

e0296552_07105340.jpg

9時35分にバスが来まして 三峯神社へと出発

みぶちょはここでICカード機に気付かず 整理券を取ってしまうという大失態

せっかく夫がPASMOに大金(←これは嘘)をチャージしてくれたというのに 秩父鉄道のフリーパスといい 結局現金で支払いが続いている皮肉

バスに15分くらい乗った所で山支度の方々が降りていき その先に鳥居がありまして 多分ここから三峯神社に登っていくのでしょう

そこからまた15分乗っていくと「次は終点三峯神社です」とのアナウンスがありまして

あれ?
下調べでは50分くらいかかるはずだったのに 30分で着いちゃうの?

と思ったら 大間違い

ここからがバスルートの本番

まず 秩父湖にかかる二瀬(ふたせ)ダムに曲がる信号がやたらと長いなぁと思ったら 対向不可の細い道なので 信号で交互通行を可能にしているのでした

ちょっとヤンチャな方々が「信号まだ行けんじゃね?」と突っ込んでいっても

あちこちに興味の向く方が「あら ここはダムなの? まあ 何ダムになるのかしら? あら あちらは湖なの? まあ 何湖になるのかしら?」とのんびり進んでも 

対向車とぶつからないように 充分な時間をとって 信号が変わるのでしょう

と勝手に想像を膨らませるみぶちょ

ダムを渡ると本格的な山道になり
早くも初詣を終えたのであろう 下りのマイカーと道を譲り合いながら ぐんぐんと山を上っていったのですが

「え~ ここから駐車場渋滞となっております 駐車場までは残り1.2キロくらいと思われます」
とのアナウンス

「じゃあ 歩いていった方が早いかね~」と話していたら 
夫が言うには 連なって来た前のバスからも人が降りているのが見えるとのこと

運転手さんも空気を読んでか
「降りる方いますか?」とドアを開けてくれました

PASMOをタッチし損ねたみぶちょは 670円を払って下車

白線の外側は若干の余裕しかない(←そりゃそうだ 徒歩は想定していないでしょうからね)道を 一列に並んで黙々と歩く参拝者達

途中 追い付いてしまった前の人を追い越すにも 車と接触しないように配慮しなければなりません

新年から 人様をイライラさせる原因を作り出してはいけませんからね

観光バスの脇は 結構な排気ガスを吸い込まないよう 気を付けて進みます

遥々埼玉の東の端から 有難い新春のご神気をいただきに来たのですが まずは近代資本主義(?)の洗礼を受けようとは 思いもよらず候う

思えば 昨日の「初ご飯はスシローで」から 想定外の事が起きる予兆はあったのだ

うむ~
今年は何事も心して向かわねばならないようだのぅ

などとひとりごちながら 足を進めるみぶちょ

道路脇にはわずかに雪らしきものがあったのですが 身を切るほどの寒さはなく 黙々と歩いて 無事に駐車場まで辿り着いたのでありました

不定期に続く


by mibuchoandyoshiko | 2019-01-13 08:15 | おでかけ | Comments(2)
1月2日の三峯神社参拝のてんやわんや

実は出発時からバタバタしておりまして
長くなりますが 顛末を記しておきます

お時間が許せば お付き合いくださいませ


昨年末 夫は恒例の参拝旅行がなかったため 何だかモヤモヤしていたのか 「1月2日は三峯神社に行く!」と言い出しまして みぶちょもそのつもりで 往復の行程を下調べしていましたが

前日の元旦の夜 ビールと梅酒を飲んで かなりいい気分になった夫が「明日の朝は起きられない気がしてきた」と言うので 起きた時に秩父まで行くか行かないか また決めればいいんじゃない と 曖昧にして床につきました

みぶちょは4時前に一度起きたので シャワーを浴びて出られる準備だけしておこうかなと思ったのですが 夫の部屋からはグーグーいびきが聞こえて 起きる気配がなかったので こりゃ行けない可能性が高いわいなと きんちゃんと布団に戻ったのです

次に目が覚めたのは しっかり身支度をした夫が「行けそうかい?」と声をかけてきた時で 6時少し前

出掛けるなら6時半の電車に乗りたいから 15分前には家を出なくちゃねと話しをしていたのに なぜ今頃起こす?!(←自分の二度寝は棚にあげるみぶちょ)

「あ"~! 間に合わない!!」と頭をかきむしるみぶちょに「髪を洗う時間ぐらいあるんじゃないか?」と呑気に言う夫

「6時15分に出なきゃ間に合わないの。今6時なの。15分で髪洗って乾して お化粧までできますか?!」と若干詰問口調になる みぶちょ。

とりあえず寝癖を誤魔化すため髪はお団子にし 歯を磨いて 顔を洗ってニベアをベッタリ塗って乾燥対策

猫のご飯とお水を用意したり あわあわしつつも何とか出られる態勢は整い 立ちこぎする勢いで自転車を飛ばし 駅へと向かいました

何とか5分前に改札に着いたら PASMOにチャージして待ってるよと 先に出た夫が見当たらない

夜明け前の春日部駅東口はまだ暗い
闇に紛れて見えないのか?
どこだ?
奴はどこにいる?(←完全に仇討ちと勘違い)

キョロキョロしている間に 電車の時間は刻々と迫り もはやこれまでか 無念なり…と諦めかけたその時

向かいのコンビニから駆け出して来た夫

「悪い 悪い! ハンカチ忘れて買ってた」

とんだハンカチ王子だよ 

みぶちょが支度にあわあわしている間 余裕綽々だったろう 御主…

早朝から駅の階段を駆け上がり 無事に出発出来たものの 何となくもやもやするみぶちょ

しかし 車窓から朝陽に照らされる富士山が見えてくると 爽やかな心持ちになってきたのでありました

春日部駅を東武伊勢崎線で出発し 羽生駅まで行って秩父鉄道に乗り換えます

事前に確認したところ 秩父鉄道の発車が7時6分だかで 乗り換えに4分しかないなぁと思っていたのですが 車掌のアナウンスは「秩父鉄道 次の列車は7時22分です」

ん?
22分?

そうなるとこれからの計画が大幅に狂ってしまうのですが 本当に22分?

とりあえず急ぎ階段に向かうと サラリーマン風の方が走っていくのが見えたので みぶちょも自分の情報を信じ 秩父鉄道の改札へ向かいました

PASMOは使えない路線なので 窓口で「三峰口まで大人2枚!」と叫ぶと(←かなり嘘) 「また戻ってくるならフリーパスがお得ですよ」と 駅員さんが穏やかに勧めてくれたので ちょっと落ち着きを取り戻し 素直に購入

乗り場に降りて席に座ると「まもなく発車いたします」のアナウンス

やはり東武鉄道の車掌は誤案内をしていたのでした
(2日は休日ダイヤだったのに平日の時刻を伝えたと思われます)

「年明け早々 ボーッと生きてんじゃないわよ!」
と チコちゃんの代わりに叱ってやりたいみぶちょでありました


まだまだ続く



by mibuchoandyoshiko | 2019-01-07 15:10 | おでかけ | Comments(2)

埼玉横断初詣

昨日は 早朝に家を出て
埼玉の東の端から西の端まで 電車で横断して参りました

朝6時半過ぎに春日部駅を出発し 秩父鉄道の終点三峰口駅に9時15分頃到着

e0296552_06460384.jpg

そこから1時間ほどバスに揺られて 目的地に着きました

e0296552_06463060.jpg

この後 てんやわんやの小旅行となるのですが 詳細は後日報告するとして

お正月なので 縁起の良いものをご紹介

青空をバックに日本武尊(やまとたけるのみこと)の像

e0296552_06523937.jpg

秩父の山々

e0296552_06541509.jpg

秩父鉄道 SLパレオエクスプレス

e0296552_06555214.jpg

同じく秩父鉄道の急行

e0296552_07114509.jpg


そして 鉄旅といえば みぶちょの顔ハメ

e0296552_07015527.jpg

なかなか良い感じに決まりました

by mibuchoandyoshiko | 2019-01-03 07:05 | おでかけ | Comments(5)

穏やかに

今朝 まだ暗いうちに春日部を出まして
早稲田は穴八幡宮へ お札をいただきに参りました

e0296552_11465365.jpg

到着は6時半過ぎ
さぞかし並んでいるだろうと思っていたら

e0296552_11475540.jpg

あれ…
ガラガラだ

てっきり早朝から頂けるのかと思って鼻息荒く参ったのですが それは冬至だけのようで
慌てて調べたところ 8時からだって…

むぅ~ あと1時間半近く待つのか…

しかし 寒いなか待ってこそのご利益だ!

と ちょっとギュルっと来たお腹をなだめつつ
8時を待ちました

e0296552_13094480.jpg

思ったよりも行列は短く 本殿でゆっくり感謝をお伝えして

お次は久しぶりの浅草へ

e0296552_14214475.jpg

しめ縄にスカイツリー

目指すはこちらの珈琲店

e0296552_14222553.jpg

9時の開店前に着いたのですが もうオープンの札が出ていたので 「もういいですか?」と恐る恐る入ってみました

みぶちょ家のピザトーストをいろいろ盛り過ぎだと思っている そこのあなた!

そう あなたに見ていただきたい!

e0296552_14244477.jpg

みぶちょ家のピザトーストは正しかったのです!

中にもたっぷり具が入って パンはふわふわ

e0296552_14265928.jpg

美味しいピザトーストでございました

春日部に10時半前に戻り 和菓子屋さんへ のし餅を買いに

早速ちい太が

e0296552_14295762.jpg

足をのせるのはやめて~!

e0296552_14303979.jpg

と言いつつ 肉球スタンプがついたら それはそれで可愛い

お札もお餅も無事に揃って 穏やかな大晦日です

e0296552_14324997.jpg

この方は通常運転

e0296552_14331533.jpg

今年もありがとうございました


by mibuchoandyoshiko | 2018-12-31 14:35 | おでかけ | Comments(4)

東京ミッドタウン日比谷

久々におでかけ日記

12月2日の日曜日

東京ミッドタウン日比谷に行って参りました

地下鉄の改札を出ると すでにオサレな雰囲気

e0296552_12155759.jpg

ここを曲がるのね

e0296552_12165727.jpg

はわ~

e0296552_12172276.jpg

はわわわ~

e0296552_12174580.jpg

東京のど真ん中にも まだこんなに広い空間を造れることに 口あんぐりのみぶちょ

まずは腹ごなしで 

e0296552_12193127.jpg

こちらのお店でガパオライスとフォーのセットをいただきました

e0296552_12201779.jpg


その後は他の階をぶらぶら

e0296552_12204533.jpg

レトロな理容室があったり

レトロな缶のお菓子を見つけたり

e0296552_12223255.jpg

メインエントランスはこんな感じで

e0296552_12230862.jpg

6階のテラスからは日比谷公園を見下ろせます

e0296552_12244119.jpg

リースは記念撮影用らしく ご婦人方が入れ替わり立ち替わり ポーズをとっていらっしゃいました

e0296552_12251330.jpg

中に戻って お茶の前にトイレと思ったら どこも大行列

他の階に行くにも エスカレーターに乗るまでがまた行列で 久々に人混みにもまれました

ちょっとささくれだった心を 抹茶オレで滑らかにし

e0296552_12302426.jpg

抹茶の生チョコレートケーキで 丸みを取り戻しました

e0296552_12271882.jpg

近隣の劇場に来たのか、ドレスアップしたご婦人から、年配のご夫婦、絵に描いたようなファミリーなどなど、幅広い客層で賑わっていた 東京ミッドタウン日比谷

次回はこの抹茶生チョコレートケーキをお土産にするべく 諭吉さんを連れて訪れたいと思います




by mibuchoandyoshiko | 2018-12-25 12:35 | おでかけ | Comments(2)

真夏のお江戸めぐり

お盆は 普段の日月定休にプラス2日の計4日間の休みです

正式(?)なお盆休みとしては正味2日しかないじゃん!
と騙された気分なのですが 連休できるだけで有難いと感謝いたしましょう

初日は猫達とぐうたら過ごし 2日目はお墓参り

3日目は夫とお江戸に行きました

まずは九段下駅で降りて 1日早いですがこちらへ参拝

e0296552_06415021.jpg


最初の鳥居をくぐると 銀杏並木が続きます

e0296552_06421940.jpg



通りを渡って 二つ目の鳥居

e0296552_06443910.jpg


大きな菊の御紋を通ってようやく三つ目の鳥居へ

e0296552_11201653.jpg


笑顔で記念撮影をする旅行客が数組いらっしゃいました

e0296552_11041832.jpg


そういえば 東京の開花宣言をする桜はどこにあるのかなぁと思い 境内を探すと 能楽堂の隣に見つけました

e0296552_11103818.jpg


帰りには売店でちょっと休憩

e0296552_11125490.jpg


お土産品のラインナップ

e0296552_11132900.jpg


タロ・カポネは葉巻型のかりんとうだって(笑)
しかし 政治家をギャングでパロってよいものだろうか…

夫とかき氷を半分こして涼をとりました

e0296552_11211521.jpg


途中の狛犬が「ちい太に似てる!」と嬉しそうに知らせる夫

e0296552_11222670.jpg


なるほど確かにちい太っぽい(笑)


お次は早稲田は穴八幡宮へ

e0296552_11234820.jpg


一陽来復のお札を求めて この広場いっぱいに人々が集まってくるのです

e0296552_11244322.jpg


人々の欲をどんと受け止める力強い社

e0296552_11262552.jpg


こちらの狛犬はちい太っぽくないね

e0296552_11281621.jpg


灼熱の新宿区を後にして 浅草へ

e0296552_11295500.jpg


なんと夫は仲見世に行くと言う

e0296552_11312886.jpg


酷暑の中 人混みに敢えて挑むって 何の修行?

そして日本人がいない

e0296552_11321482.jpg


ミストが降り注ぐ藤棚を通り

e0296552_11332560.jpg


抹茶ジェラートの行列を過ぎ

e0296552_11364604.jpg


5656会館を曲がった先の

e0296552_11373085.jpg


「弁天」さんに到着 3回目の来訪です

e0296552_11380307.jpg


まずはビール!
何をおいても昼ビール!!

e0296552_11382800.jpg


おつまみが来る前に飲み切ってしまったので
追加でもう一本

e0296552_11385749.jpg
 
この塩辛 大変に美味なのです
生臭さは皆無で肝が甘い
柚皮がまたいいのです

夫は にしんせいろう

e0296552_11404856.jpg


みぶちょは はまぐりせいろう 

e0296552_11410780.jpg



お互いに にしんとはまぐりもつまみにして飲んで

〆にお蕎麦を手繰り

蕎麦湯で汁も余すところなくいただいて

大満足のお昼でございました

駅から歩きますが おすすめのお店です



上機嫌で浅草駅へ向かう途中

e0296552_11555424.jpg


お隣のお国向けの看板と思われます

漢字にするとなんか違うね

カタカナにしたセンスに脱帽です


浅草駅ビルでは 夫が気になっていたというTシャツ屋さん

パグがハグしているTシャツが欲しかったそうなのですが 残念ながら大人のサイズは売り切れで

ショパン
がパンを食べているものと

みぶちょがツボにはまったこちらと2枚大人買いしておりました



e0296552_11584514.jpg




e0296552_11590598.jpg


暑い中歩くのもなかなか楽しいお江戸巡りでした

明日から仕事なので 今日は涼しい部屋でだらだらします


by mibuchoandyoshiko | 2018-08-15 12:20 | おでかけ | Comments(3)

よしこくんが綴った日々のことを、きんちゃん・ちい太・みぶちょさん3人が引き継いでお届けします


by mibucho&yoshiko