富士急行の旅 河口湖編

河口湖に13時27分に着いた我々は、その足で13時30分発の河口湖周遊レトロバスに乗車。
車内は満員すし詰めで、やっぱり外国の方がほとんど。
まだ危うい腰に怯えつつ、ポールにしがみついて向かうのが、「河口湖 オルゴールの森」です。

e0296552_09234850.jpg

園内へ一歩足を踏み入れれば、そこはもう小さなヨーロッパ(だそう)です。

バラのアーチ。

e0296552_10074092.jpg

今頃はきっと綺麗に咲いている事でしょう。
(※現在の様子など詳細は こちら で) 

入場券を買って進んでいくと、ちょうど14時。
カリヨン広場で噴水ショーが始まりました。

e0296552_10173468.jpg

音楽はトルコ行進曲。

e0296552_10203827.jpg

最後は盛大な水しぶきで、真ん前に陣取っていた我々に容赦なく降り注いだのでした。

園内を進んでいくと、春らしく可憐な花たちがお出迎え。

e0296552_10252995.jpg

今頃はこのお家もバラでいっぱいなんでしょうね。

e0296552_10265120.jpg

そのあとはオルガンホールへ移動して、音楽観賞。

e0296552_10300302.jpg

この大きなダンスオルガンの演奏を聴くのです。

e0296552_10322247.jpg

お人形さんたちもそれぞれ楽器を持っていて、ちゃんと演奏するんですよ。
2曲10分間の演奏。
いろいろ回るにはこのくらいのサイクルがちょうどいいのでしょうかね。

さて音楽を聞いたら、テラスへ出て富士山を見ながらお酒を飲みましょう。

e0296552_11072853.jpg

本当はこの正面にどーんと、霊峰富士が

e0296552_11100386.jpg

・・・このように見えるはずだったのです、ぐすん。

天気はいいのに、富士山方面だけ靄がかかって見えません。

ちょっと残念だったけど、美味しいワインとおつまみで乾杯。

e0296552_11131241.jpg

お土産を買って、また周遊バスで河口湖へ戻ったのでした。

さあ、いよいよ、お楽しみの列車に乗るのですぞ。

                        →復路編へ続く


[PR]
Commented by naoanqoo at 2016-06-05 12:45
お泊まりかと思ったら、日帰りなんですね。
列車に乗ることがメインの旅なんて
さすが鉄子ちゃんのみぶちょさんですね。
みぶちょさんの旅は私の知らないこと満載で
いつもワクワクします。
Commented by tarohanaazuki at 2016-06-05 12:46
去年、水族館のかぶりつきで盛大に魚臭い水をかぶったことを思い出した(笑)

私が今欲しいものは「地球儀」「スノードーム」「オルゴール」なんだよ♪
どれもおみやげ屋さんにあるようなチープなものじゃなくて、職人さんの技が見えるようなちゃんとしたものが欲しい!
いつまでも夢見るばあちゃん〜♪(笑)
Commented by pinochiko at 2016-06-05 15:55
みぶちょさんに、こんなメルヘンなイメージが無かったから、ちょっと驚きですよ〜。
ここは日本なのか?という風情ですねー。
富士山は残念だけど、お酒があればね、ふふふ。

ばあばさんにもそんなイメージが無かったですよ!
みんな驚きに満ちてるなぁ〜!
Commented by mibuchoandyoshiko at 2016-06-05 18:15
> naoanqooさん
ありがとうございます。
猫達がいるので、専ら日帰りで出かけています。
列車に乗ること・美味しいものを食べること、これが私の旅のコンセプトですかね(笑)
これからも楽しい鉄旅を紹介できたらと思います(^v^)
Commented by mibuchoandyoshiko at 2016-06-05 18:30
> あずきのばあばさん
欲張って前に出るもんじゃないですね(-_-)
そうか水族館の水はやっぱり生臭いんだ。

スノードームにオルゴールか。夢があるね、ばあば。
オルゴールはお土産コーナーに本格的なものがありましたよ。
私は陶器の猫のオルゴールを買おうか迷って、たぶん落とされて割れるだろうとやめました。
そしてチョコレートを買って帰った、夢のない女です。




Commented by mibuchoandyoshiko at 2016-06-05 18:38
> pinochikoさん
ピーターラビットが好きでイギリスの湖水地方でほんとに暮らしてみたいと思ったこともある、メルヘンな女でございますよ、わたくし(笑)
思った以上にヨーロッパでした。
非日常な感じが更に遠くに来た気がして旅に出た感じが増したかな。
ここでは1,000円で姫ドレスも着られます。
自前のゴスロリファッションの男女も来ていました(もちろん女装ね)。
富士山がなくて逆にヨーロッパな感じで良かったのかも(いや、見たかったけどね)!



by mibuchoandyoshiko | 2016-06-05 11:15 | おでかけ | Comments(6)

よしこくんが綴った日々のことを、きんちゃん・ちい太・みぶちょさん3人が引き継いでお届けします


by mibucho&yoshiko